2011年10月25日

「原理講論」は神様からのメッセージ

「原理講論」の「総序」を読んでいます。

その「総序」の中には、『新しい真理とは』という記述が多く出てきます。新しい真理の必要性を説いた後に、『新しい真理』はどのようなものであるのかという説明がいくつかあるのですが、その中でこういう箇所があります。

『この新しい真理は、神の実在に関することは言うまでもなく、神の創造の心情をはじめとして、神がご自身に対して反逆する堕落人間を見捨てることができず、悠久なる歴史の期間を通して彼らを救おうとして心を尽くしてこられた悲しい心情も、我々に教えることのできるものでなければならない。(原理講論31頁)』

そうだったんだ!!

新しい真理って、単に神様の実在を説明しているものではなく、神様の希望に満ちた創造の心情や、神様に対して知らず知らず反逆してきた私自身をも見捨てることができず、私自身を救おうと心を砕いてきた神様の悲しい心情をも教えてくれるものなんだ!!

人間を救おうとして、その人間に理解されずに反逆されてきた神様はいったいどんな心情だったのだろう。そういう心情さえも教えてくれるものがこの原理講論なのか!!

あまりそう思って読んでいなかったな〜。

さらに読み進めてみると・・・
続きを読む
posted by NORIさん at 17:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 統一原理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。